風呂上がりに集中力を上げる方法は2つ。体をリラックスさせることが重要
FirmBee / Pixabay

「風呂上りはどうしても集中力が切れる」

「風呂上りは、1日が終わった感じがしてやる気がでない」

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

    1. 風呂上がりに集中力を上げる方法2つ

 

本記事の内容をしっかりと抑えておけば、風呂上がりで集中力が切れることがなくなり、続けて仕事をできるようになります。

結果的に、「風呂上りはどうしても集中力が切れる」「風呂上りは、1日が終わった感じがしてやる気がでない」という悩みは、限りなく減らせることができます。

風呂上がりに集中力を上げる方法2つ

風呂上りに集中力を上げるには、熱い風呂を避けて体温調整をする神経を過敏にさせないことが必要です。

なぜなら、仕事による疲れを感じさせる神経と体温調整をする神経は同じため、熱い風呂に入ることで疲れが増えるからです。

 

そのため風呂上りに集中力を上げるには下記2つを意識しましょう。

  • 神経の刺激を減らす
  • 神経の緊張を減らす

 

神経の刺激を減らす

神経の刺激を減らすとは、体温を急激に変化させないということです。

基本的に人は、大きな変化にストレスを感じます。

 

熱い風呂に入るのも、急に体温を大きく変化させるために強いストレスを感じます。

その結果、風呂上りで体が疲れて集中力が続かなくなるのです。

 

ですから、風呂上りで集中力を引き出すには程よい温度の風呂に入る必要があります。

 

神経の緊張を減らす

神経の緊張を減らすとは、仕事によって過敏になった神経を緩めることです。

前述した熱い風呂だと、逆に疲れて集中力がなくなることに繋がります。

 

つまり程よい温度の風呂が、体のストレスを無くして仕事の疲れを癒してくれるのです。

 

中には「熱い風呂のほうが爽快感がある」と感じるかもしれません。

ですが、いきなりの体の変化に脳が"麻痺"してると言ってもいいくらいです。

そのため、脳にとって熱い風呂はストレスでしかありません。

 

ですから、風呂上りで集中力を下げたくないのであれば程よい温度の風呂に入るようにしましょう。

 

まとめ

では、要点にまとめておきます。

 

  • 熱い風呂を避けて体が疲れることを避けよう
  • 温かい風呂で神経の緊張を減らして集中力を引き出そう

 

熱い風呂は、体の疲れを増やすばかりです。

温かい風呂に入って体の疲れ(神経の疲れ)を癒し、集中力を引き出しましょう。

おすすめの記事