集中力を維持する3つの栄養と具体的な食べ物を解説。
Einladung_zum_Essen / Pixabay

「集中力を維持できる栄養と食べ物を知りたい」

「食事を見直して仕事に集中できる時間を増やしたい」

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

    1. 集中力を維持する3つの栄養とは
    2. 集中力を維持する食べ物とは
    3. 集中力を維持するには栄養が欠かせない理由
    4. 食べ物は食べる時間に注意しないと意味がない

     

    本記事の内容をしっかりと押さえておけば、集中力を維持できる栄養と食べ物がわかり、仕事に集中できる時間を増やすことができます。

    結果的に、集中力を維持できる栄養と食べ物を知りたい食事を見直して仕事に集中できる時間を増やしたいという悩みは、限りなく減らせることができます。

     

    ちなみに、集中力を維持するには血糖値を上げないことも大事なので、【集中力と血糖値の関係】血糖値を上昇させない食べ物が集中力の鍵を読んで理解しておきましょう。

    集中力を維持する3つの栄養とは

    集中力を維持するには下記3つの栄養素が大切です。順番に解説します。

    1. 鉄分
    2. ブドウ糖
    3. DHA(ドコサヘキサエン酸)

     

    鉄分

    鉄分は、頭に酸素を送る血液をつくります。

    そのため鉄分が少なくなると血が作れなくなり、頭の働きが落ちることで集中力の維持ができなくなります。

     

    ですから、鉄分は集中力を維持するうえで欠かせない栄養です。

     

    ブドウ糖

    ブドウ糖は、脳の唯一の栄養源なので頭を使うために重要な栄養です。

    頭だけでなく体を動かす筋肉のエネルギーにもなるので、体に足りなくなることでエネルギー不足を起こします。

     

    つまり、集中力を維持できなくなります。

     

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    DHAは、情報を伝える神経の栄養源になるので頭の働きにおいて必要な栄養です。

    神経は体全ての働きに関わっているので、不足することで集中力の維持ができなくなります。

     

    集中力を維持する食べ物とは

    1. 鉄分(主に赤みがかった部分)
    2. ブドウ糖(主に低GI食品)
    3. DHA(主に青魚)

    上記3つの栄養が含まれた食べ物を順番に紹介します。

     

    鉄分(主に赤みがかった部分)

    鉄分が多く含まれる食材は、以下のものです。

    ①肉
    (牛肉、豚レバー、鶏レバー)
    ②魚
    (かつお、さば、いわし、さんま、あゆ、ししゃも、こうなご)
    ③野菜
    (青菜類、小松菜、大根菜)
    ④海藻
    (ひじき、のり)
    ⑤貝類
    (しじみ、あさり、はまぐり、かき)
    ⑥卵
    (卵黄に多い)
    ⑦豆
    (納豆、きな粉、がんもどき、枝豆、豆腐などの豆類全般)

     

    鉄分の摂り方のポイントは、ビタミンCとあわせて摂ることです。

    吸収を促して効率よく鉄を補給できます。

     

    また、動物性食品(肉など)は鉄分の吸収がされやすく、植物性食品(野菜など)は鉄分の吸収がされにくいです。

    そのため、バランス良く摂ることをお勧めします。

     

    ブドウ糖(主に低GI食品)

    ブドウ糖が多く含まれる食材は、以下のものです。

    ①炭水化物
    (そば、玄米、雑穀米)
    ②野菜
    (大根、海藻類、葉物野菜)
    ③乳製品
    (牛乳、豆乳、ヨーグルト)
    ④菓子
    (ナッツ類)
    ⑤果物
    (もも、なし、りんご)

     

    ブドウ糖は、頭と体を動かすエネルギーになるため集中力の維持に欠かせない栄養です。

    比較的に多くの食品に含まれていますが、ただ摂るだけだと血糖値の上下が起こって集中力がなくなります。

     

    そのため、食後ゆるやかに血糖値が上がる低GI食品を摂ることが理想です。

    上記の食材は、低GI食品にあたるものなので意識して摂ることで集中力の維持がしやすくなるのでお勧めです。

     

    DHA(主に青魚

    DHAが多く含まれる食材は、以下のものです。

    ①魚
    (いわし、さんま、さば、まぐろ、うなぎ、あなご、さけ、ぶり、いくら、かつお)

     

    頭の働きを上げる働きがあるので、集中力を維持するうえで摂っておきたい食べ物です。

     

    また、DHAが長期間不足すると視力が落ちる研究結果もあるため、定期的に食べるようにしましょう。

     

    集中力を維持するには栄養が欠かせない理由

    集中力を維持するうえで栄養不足を避ける必要があります。

    なぜなら、栄養バランスが悪いことで内的要因によって集中力が下がるからです。

     

    内的要因とは内側からくる欲求のことです。

    内的要因とは食欲、物欲、性欲のこと

     

    要するに栄養バランスが崩れることで、ある程度お腹が満たされていても「何かを食べたい」といった本来なら起こらない欲求が起こります。

    そうなれば仕事に集中していても、ふとした時に内的要因によって集中力を失うことになります。

     

    ですから、栄養バランスを整えた食事を摂って、集中力を維持できるようにしましょう。

     

    食べ物は食べる時間に注意しないと意味がない

    集中力を維持するには、食事の時間にも気を付ける必要があります。

    なぜなら、夜寝るまえに食べ物を食べると、消化がうまく行われずに睡眠の質を下げる原因になるからです。

     

    また、食べ物の種類によって消化する時間が違うため、その点にも気をつけて食べるようにしましょう。

    食べ物の消化にかかる時間は、以下の内容です。

    • 穀類・豆類:1〜2時間
    • 鶏肉:2時間
    • 牛肉:4時間
    • 豚肉:5時間
    • 貝類:8時間

     

    肉類全般は消化に時間がかかるため、食べるなら昼間や休日といった寝るまでの時間が空いてるタイミングが適しています。

    そして濃い食べ物や香辛料が多く含まれているものは、消化に負担がかかるために避けることが理想です。

     

    食べる時間と食材に気をつけて集中力を維持できるようにしましょう。

     

    まとめ

    では、要点にまとめておきます。

     

    • 鉄分を摂って頭の酸素量を増やし、集中力を維持できるようにしよう
    • 低GI食品を摂ってブドウ糖を補給し、集中力を維持しよう
    • DHAを摂って頭の働きを上げ、集中力を維持しよう
    • 赤みがかった食材、低GI食品、青魚を摂って集中力を維持しよう
    • 栄養不足を避けて集中力を維持できるようにしよう
    • 食べる時間に気をつけて集中力を維持しやすくしよう

     

    上記の内容を意識して栄養を補給し、集中力を維持できるようにしましょう。

     

    おすすめの記事