【ステッパーランキング3選】ジムよりお金と時間を節約できて良い件
aracelymitsu / Pixabay

「自分に合ったステッパーを教えてほしい」

「時間をかけずにハズレのない、良いステッパーが知りたい

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

    1. ステッパーをランキングに選んだ4つの基準
    2. 【第1位】3D 健康ステッパー
    3. 【第2位】Aokeou ステッパー
    4. 【第3位】Xiser ストレートステッパー
    5. ステッパーはジムよりお金と時間を節約できて良い

 

本記事の内容をしっかりと押さえておけば、ステッパーの購入に失敗することなく、自分に合ったステッパーを見つけられます。

結果的に、「自分に合ったステッパーを教えてほしい」「時間をかけずにハズレのない、良いステッパーが知りたい」という悩みは、限りなく減らすことができます。

 

ステッパーをランキングに選んだ4つの基準

ステッパーランキングの基準は、下記のとおり。

  • ストレートステッパーであること
  • ふくらはぎを効果的に刺激できる
  • 耐荷重が100kg以上
  • 静音設計

 

ランキングに入れなかった9つのステッパーとは

ちなみに、ランキングに入れなかったステッパーを9つ挙げておきます。

  • ツイストステッパーPremium(東急スポーツオアシス)
  • ツイストステッパーSP-100(東急スポーツオアシス)
  • エアロライフサイドステッパーDR-3865
  • エアロライフ モーションナビ(モダンロイヤル)
  • 女神パープル mini 3Dステッパー(Fitmate)
  • 健康ステッパー ナイスデイ 油圧シリンダー式(Shop Japan)
  • ツイストステッパー ハンドル付き IMC-79(鉄人倶楽部)
  • 踏み台運動(LARKING)
  • 自宅用昇降ステッパー(ウルトラスポーツ)

 

ランキングに入れなかった理由は、口コミを比べたときに微妙だったのと、体にひねりを加えるツイストステッパーが、踏み込むときに膝へ負担がかかるからです。

 

それでは、ステッパーのランキング3選を紹介します。

 

【第1位】3D 健康ステッパー


タイプ ストレートステッパー 連続使用時間 ・約20分
調節機能 なし 表示機能 ・歩数

・運動時間

・消費カロリー

・速度

本体サイズ(重量) 奥行31.5×幅42×高さ27cm(重量8kg) 付属品 ・騒音マット

・チューブ

耐荷重 150kg  ー    ー

第1位に3D 健康ステッパーを選んだ理由は2つあります。

  • 耐荷重の限界値が150kgであること
  • 値段が他のものより手軽で、質がそこそこ良いこと

 

耐荷重の限界値が150kg

ステッパーの耐荷重は、ステッパーその物の頑丈性とも考えられるため、低いよりかは高い方が確実に良いです。

それに体重をかけて踏み込むと、予想以上にステッパーに負担がかかります。

 

それを踏まえて考えると、今の体重と変わらないステッパーを選ぶよりかは、耐荷重の限界値が大きい3D 健康ステッパーを選ぶほうが、頑丈性で心配がありません。

 

またステッパーのなかには、耐荷重が70kgや80kgと限界値が低いものもあるため、選ぶときは耐荷重に注意して選びましょう。

 

値段が手軽で、質がそこそこ良い

ステッパーは値段が高いにも関わらず、質の低いものが多い傾向があります。

それに比べて3D 健康ステッパーは、手軽なわりに質が良いので、ステッパーを使ったことがない人も手が出しやすい物です。

 

また、アマゾンの評価を見ると、星5中の4で評価は悪くないかと感じます。

 

そのため、「ステッパーを一度も使ったことがなくて、失敗したくない」というのであれば、3D 健康ステッパーから使うのが良いですよ。

ちなみに1年保証が付いているので、安心して購入できます。


【第2位】Aokeou ステッパー


タイプ ストレートステッパー 連続使用時間 15分
調節機能 なし 表示機能 ・運動時間

・歩数

・消費カロリー

・スキャン

本体サイズ(重量) 奥行き40×33×高さ20cm

(6kg)

付属品 ・消音マット

・バンド

・日本語取扱説明書

耐荷重 150kg   ー    ー

 

第2位にAokeou ステッパーを選んだ理由は2つあります。

  • 耐荷重の限界値が150kg
  • 静音設計

 

耐荷重の限界値が150kg

3D 健康ステッパーと同様、耐荷重が150kgまでいけるので、頑丈性があって安心して使えます。

ステッパーの中には、耐荷重が低くて壊れるものがあったので、できるだけ耐荷重が大きい物を選ぶほうが無難です。

 

基本的に、台を踏むと体重以上の荷重がかかることは間違いないため、長く使うなら最低でも100kgの荷重に耐えられるものを選びましょう。

 

静音設計

  • ダブル液圧器
  • 音を消す柱

Aokeou ステッパーの静音設計に関しては、上記のとおりで騒音性に優れています。

 

その代わり連続使用時間の15分より長く使うと、キーキー音が鳴る可能性があります。

これに関しては、アマゾンの商品ページに書いているとおりに、運動をするなら15分までにしておくのが理想です。

 

ちなみに、Aokeou ステッパーも1年間の安心保証が付いているので、購入の面で安心できます。

 

【第3位】Xiser ストレートステッパー


タイプ ストレートステッパー 耐荷重 181.5kg
ハンドル なし 連続使用時間 ・パーソナル版:15分

・プロ版:制限なし

調節機能 あり 表示機能 ・歩数

・時間

・消費カロリー

・スキャン

本体サイズ(重量) 奥行き53×横幅35×高さ11cm(折りたたみ時)

(6.12kg)

付属品 ・専用マット

・チューブ

・修理キット

・日本語取扱説明書

第3位にXiser(エクサー) のステッパーを選んだ理由は3つあります。

  • 耐荷重の限界値が181.5kg
  • 連続使用時間が無制限(プロ版のみ)
  • 質は保証できるけど、高価

 

耐荷重の限界値が181.5kg

耐荷重の限界値は、ストレートステッパーのなかで断トツで良いです。

他のステッパーも改良が進んで、耐荷重は上がっていますが、それでもなお負けていません。

 

そのため、頑丈性では間違いなく1番と言えます。

 

連続使用時間が無制限

  • パーソナル版:15分
  • プロ版:無制限

エクサー社のステッパーは、上記2つがあります。

 

パーソナル版は、使用時の摩擦で熱をもつことから連続で15分使うのが限界です。

プロ版は、パーソナル版とシリンダーが違うため、熱をもたないことから2時間や3時間でも無制限で使えます。

※シリンダーとは、内燃機関でピストンが往復する円筒、気筒のこと。

 

質は保証できるけど、高価

エクサー社のストレートステッパーは、間違いなく質は良いです。

1日に10~20冊の読書をするメンタリストDaiGo氏や、サイエンスライターとして1日に15本もの論文を読み、2~3万文字を書く鈴木裕氏も絶賛しています。

 

ですから、

  • お金を無駄にせずに長く使えるステッパーを使いたい

という方には、エクサー社のストレートステッパーが向いています。

ステッパーはジムよりお金と時間を節約できて良い

ステッパーとジムのどちらが良いかを迷う方がいますが、状況にあっているかを考えた方が良いです。

ジムの場合であれば、次のような人が合っています。

  • 器具を使って大きな筋肉を鍛えたい
  • 指導のもと、体を鍛えたい
  • 友達と行きたい
  • 怪我をしていて、負担をかけずにプールなどで運動したい

 

ステッパーの場合であれば、次のような人が合います。

  • 大きな筋肉を鍛えるのではなく、とりあえず痩せたい
  • 運動不足を解消したい
  • 有酸素運動で記憶力や集中力を上げたい
  • 忙しくて運動できる時間がない

 

ジムは安くても、月単位で5,000円や1万円とかかることが多いです。

その点、ステッパーは1回1万円ほどで済むので、ほとんど行かないジムにお金を払うよりかは安くつきます。

 

ですが、あくまで前述した状況に合っているかなので、自分の生活状況に合わせてステッパーかジムを取り入れて運動をしましょう。

 

最後に、ステッパーを1位〜3位の順番でまとめておきます。

【第1位】3D 健康ステッパー

  • 耐荷重の限界値が150kgであること
  • 値段が他のものより手軽で、質がそこそこ良いこと

頑丈性と、そこそこの質で高すぎないステッパーが良いなら3D 健康ステッパーです。

 

【第2位】Aokeou ステッパー

  • 耐荷重の限界値が150kg
  • 静音設計

静音設計に優れていて、そこそこの質が良いならAokeou ステッパーです。

 

【第3位】Xiser(エクサー) ストレートステッパー
  • 耐荷重の限界値が181.5kg
  • 連続使用時間が無制限(プロ版のみ)
  • 質は保証できるけど、高価

頑丈性の高さ、長時間使いたいなど、ステッパー選びに失敗したくないのであれば、Xiser(エクサ―) ステッパーです。


おすすめの記事