集中力が切れたときの対処法4つ。うまく休まない人は疲れが溜まって良いことなし
Engin_Akyurt / Pixabay

「集中力が切れたときの対処法が知りたい」

「集中力を切れないようにする方法を教えて欲しい」

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

    1. 集中力が切れる原因はうまく休まないから
    2. 集中力が切れたときの4つの対処法
    3. 集中力が切れないようにする方法4つ

 

本記事の内容をしっかりと押さえておけば、集中力が切れたときの対処法が理解でき、より集中力が続いて仕事が進むようになります。

結果的に、「集中力が切れたときの対処法が知りたい」「集中力を切れないようにする方法を教えて欲しい」という悩みは、限りなく減らせることができます。

 

集中力が切れる原因はうまく休まないから

集中力が切れる場合、以下の3つの疲れを癒せてないことが考えられます。

  1. 身体的な疲れ
  2. 精神的な疲れ
  3. 神経的な疲れ

 

身体的な疲れは、使いすぎによる筋肉の緊張や、座り仕事ばかりによる筋肉の萎縮。

精神的な疲れは、気疲れを起こす仕事によるプレッシャーや緊張によるもの。

神経的な疲れは、目を使った疲れや体の体温調節によるものです。

 

この3つの疲れを解消しないと集中力が切れて仕事が進まなくなります。

 

なお、他にも集中力が続かなくなる原因を、集中力が続かない6つの原因。サボり癖は当たり前のことをしていないからにまとめているので、参考にご覧ください。

 

集中力が切れたときの4つの対処法

  1. 立ち上がって体を動かす
  2. 曲を聴く
  3. 大きく深呼吸
  4. 身の回りの片付けをする

集中力が切れたときは、この6つをやるのがオススメです。

 

立ち上がって体を動かす

集中力は長い時間、一方向に向けることで消耗します。

そのため時間が経つごとに脳の働きが落ちて仕事に集中できなくなります。

 

立ち上がって体を動かすのは、脳が飽きている状態を意図的になくす方法で、あえて注意散漫にすることで集中力を取り戻すことが可能です。

 

映画などの画面を長時間見ていると疲れるのと同じで、集中力も使わない時間が必ず必要です。

 

曲を聴く

音楽は集中力が切れたり、やる気がないときに使える方法です。

好きな音楽を聴くことで気分を上げるドーパミンが分泌され、やる気を引き出したり集中力を取り戻すうえで役立ちます。

 

オススメとしては1曲や2曲と、聴く音楽を決めておいて、聴き終わったら仕事に戻るという方法です。

ですが仕事で聴ける場合は限られてくるので、休憩から戻るときなどに聴いてやる気や集中力を高めるのが良いかと思います。

 

大きく深呼吸

深呼吸については、集中力を回復して仕事をサッサと終わらせる6つの方法に書いているので、参考にどうぞ。

 

簡単にいうなら、集中力が切れるときは体が緊張しがちなので、吸うよりも吐くほうを少し長めにして深呼吸をしましょう。

簡単な方法ですが、頭がすっきりして仕事に集中しやすくなります。

 

身の回りの片付けをする

集中力が切れるときは以下の2つのどちらかです。

  1. 緊張度が高くなりすぎて注意散漫になっている
  2. 緊張度が低くなって集中力がなくなっている

 

どちらにしても、片付けをして頭の回転数を整えれば、多少は集中力が戻ってきて仕事に戻りやすくなります。

もし日頃から片付けられたデスクで仕事をやっているなら、1つだけ整理する場所を決めたり、簡単な掃除をやるのが良いですよ。

 

デスク周りの整理整頓や片付けの方法は、集中力を高める部屋とは【デスク周辺の整理整頓、片付けの方法を紹介】にまとめているので、あわせてご覧ください。

集中力が切れないようにする方法4つ

  1. 集中力を維持するために飲みたい飲み物
  2. 集中力の切れに寝るのはいい?
  3. スマホは集中力の浪費になる
  4. タイマーで時間を区切る

集中力が切れないようにするなら、これら4つのようにして疲れを減らし、疲れを溜めないようにすることが必要です。

 

集中力を維持するために飲みたい飲み物


  1. 炭酸水
  2. コーヒー

基本的にはこの3つです。

 

  1. 実験結果によると集中力を最高23%アップする
  2. 喉が渇いてなくても飲むことで集中力を上げる

 

  • 炭酸水
  1. 飲用後の脳波解析によると集中力を上げることが判明
  2. 水を飲むよりも集中力アップに効果あり

 

  • コーヒー
  1. 研究結果によるとコーヒーを150~200ml飲むことで集中力を上げる

 

詳しい論文の内容や飲む量などについては、集中力を上げるうえで水分補給が必須?【研究結果をもとに解説】にまとめているので参考にどうぞ。

集中力が切れたときに寝るのはいい?

結論からいうと、集中力が切れるまえでも寝たほうが良いです。

特に眠たくなって仕事に手が付かないときなど。

 

目をつむって休めるだけでも良いですし、ガッツリと仮眠をとって回復をはかるのもありです。

脳波解析のデータ上でも、目をつむるだけで睡眠にも似た効果を得られるのは明らかになっています。

 

ですので、仕事の合間の休憩中など、数分でも良いので目をつむって頭と目を休めるようにしましょう。

 

仮眠の効果や方法に関しては、4つの仮眠が集中力を高める【4つの効果〜方法をまとめて解説】で解説しているので、集中力の維持に役立ててください。

スマホは集中力の浪費になる

休憩中にスマホを触ることは多いと思いますが、仕事で集中力が切れやすい場合は触る回数を減らすほうが良いです。

 

スマホは情報量が多く、興味を掻き立てるような情報が山ほどあります。

それを短い時間でも見ていると脳が疲れやすく、集中力が切れやすくなります。

 

私自身も、朝から1時間ごとにスマホを触る場合と、朝・昼・夜の3回に決めて触る回数を制限したところ、やっぱり後者のほうが集中しやすくて疲れが溜まりにくかったです。

ですので、集中力が切れやすい場合はスマホの触る回数を減らしたほうが良いですよ。

 

タイマーで時間を区切る

集中力がない人や切れやすい人には特にオススメの方法です。

よく言われるポモドーロ・テクニックという方法で、私自身も集中力を鍛えるときに何度も実践しました。

 

方法は簡単で以下のようにやります。

25分作業+5分休憩をくり返す

 

初めは集中力がどうしても続かないので、より時間を短くしてやるほうが集中力が続きやすいです。

そしてある程度、集中力が続くようになってきたら52分作業+17分休憩を取り入れるのが良いかと思います。

より集中力を鍛えられますし、切れづらくなるので試してみてください。

 

詳しいやり方は、集中力を維持できるベストな休憩時間とは【方法論も合わせて解説】にまとめているので参考にどうぞ。

 

集中力が切れたときの対処法まとめ

最後に要点をまとめておきます。

 

  • 体を動かすことで脳の飽きをなくし、集中力を取り戻せる
  • 音楽を聴いて、やる気や集中力を引き出そう
  • 深呼吸は体の緊張をとる方法。集中力は緊張により切れる
  • 片付けが頭の疲労を軽くする。さらっと集中力を取り戻そう
  • 水・炭酸水・コーヒーを活用すれば集中力が切れづらくなる
  • 目をつむるだけで睡眠にも似た効果が得られる
  • スマホは集中力を浪費する。触る回数を減らして集中力を維持しよう
  • 25分作業+5分休憩が集中力を維持するコツ。少しずつ鍛えよう

 

集中力が切れたときにやれることは多くありますが、まずは1つずつ試してみるのがオススメです。

1つずつ試して自分にあう方法が見つかれば、集中力が切れたときでも安心して取り戻すことができます。

 

私も集中力が切れたときはいろんな方法を使っていますが、基本は目をつむること、そしてこの記事の方法を気分にあわせて使っています。

疲れづらくなるので試してみてください。

 

 

ちなみに仕事中に集中力が切れたときの対処法は、仕事中に集中力が切れた状態を解消。短時間の実践でOKに状況別でまとめているので、あわせてご覧ください。

 

 

人気記事 集中力の鍛え方の基礎・応用を3つ紹介。【手軽な方法も紹介します】

人気記事 【ステッパーランキング3選】ジムよりお金と時間を節約できて良い件

 

おすすめの記事