4つの仮眠が集中力を高める【効果〜方法をまとめて解説】
congerdesign / Pixabay

「仮眠が集中力を高めるのかを知りたい」

「仮眠の方法や効果を知って、昼間の時間を有効に使いたい」

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

    1. 仮眠が集中力を高めるのかどうか【効果を解説】
    2. 4種類の仮眠方法【使い分けが集中力を高める】

 

本記事の内容をしっかりと押さえておけば、仮眠の方法〜効果まで理解でき、昼間の眠気を無くして仕事を早く片付けられるようになります。

結果的に「仮眠が集中力を高めるのかを知りたい」「仮眠の方法や効果を知って、昼間の時間を有効に使いたい」という悩みは、限りなく減らせることができます。

 

仮眠が集中力を高めるのかどうか【効果を解説】

結論からいうと、仮眠をとることで集中力を上げれます。

集中力がなくなるのは、起きている間に収集した情報が多くなった結果ですので、それを仮眠を取って一度リセットすることで回復できます。

 

さらに集中力を上げるだけでなく、以下の効果もあるため順番に解説します。

  1. 集中力を上げる
  2. 記憶力を上げる
  3. 頭の疲れを癒す
  4. 回復力を高める

 

集中力を上げる

集中力は程よい高さが一番良い状態です。

集中力が高すぎれば注意散漫、集中力が低すぎれば仕事に取り組むことすらできない。

特に疲れたときは集中力が下がっているので、仮眠を取ることにより再び仕事に集中して取り組めます。

 

  • 仮眠は大手企業も取り入れてる

仮眠は、大手企業のApple、Google、NIKE、NASAなどが導入しているほど、重要視されている頭の回復方法です。

中には仮眠を妨げないために、仕事の連絡がきても後で折り返し連絡することを徹底している企業もあります。

 

それほど、仕事をするうえで仮眠を重要視しているのです。

実際、仮眠は思考力や集中力を回復し、生産性を高める効果が明らかにされています。

この効果があるのも、前述した脳にある情報が整理されることによるものです。

 

記憶力を上げる

人は、1秒間に1100万以上もの情報をインプットして、必要か必要ではないかを判断して処理しています。

そのため、大半の情報は捨てられることが基本です。

 

ですが当たり前に捨てられると、仕事で学んだことの覚えが悪くなって仕事の能率そのものが下がります。

そこで活用したいのが仮眠です。

 

眠るのではなく、ただ目をつむって軽く休むだけで情報の処理力が上がって記憶力がアップします。

この記憶力を上げる効果は、仮眠のとる時間が長いほど効果があるので、時間に応じて活用しましょう。

 

頭の疲れを癒す

前述しましたが、人は1秒間に1100万以上もの情報を、頭に入れては捨ててを繰り返します。

 

例えば長時間のあいだ働いたり、長時間のあいだ勉強すると、頭がぼーっとした感覚を感じたことがあるかと思います。

この状態は、頭の情報処理の負担が大きくなって回復が追いつかないことで起こります。

 

また、ほとんどの情報を得る窓口は、いろんな物を映しだす目です。

目は頭に流れる情報の約8割を担っているため、仮眠を取ることで一時的に頭の情報を減らし、頭の働きを回復できます。

 

回復力を高める

仮眠を小まめに取ることは、体の回復力を高めるために有効です。

なぜなら頑張る時間の負荷と、休む時間の休息で壊すと治すを繰り返せるからです。

 

例えば運動不足の人が走った場合、走ったことで筋肉が壊れて、今度は同じ負荷で壊れないように体が前より強く作り変えられます。

つまり仕事により頭に負荷を加える、そして仮眠で壊れた頭の細胞を回復する。

この負荷と回復を繰り返すことで体が前よりも強く作り変えられます。

 

仮眠はただの回復のためではなく、より長く、より深く集中するために欠かせない1つのツールです。

仮眠そのものが、集中力を上げて鍛えることに繋がるので有効に使いましょう。

 

4種類の仮眠方法【使い分けが集中力を高める】

仮眠の方法は、以下の4種類があります。順番に解説します。

  1. ナノ・ナップ:数秒〜数十秒の仮眠
  2. マイクロ・ナップ:1〜数分の仮眠
  3. ミニ・ナップ:10〜15分の仮眠
  4. パワー・ナップ:20分前後の仮眠

 

ナノ・ナップ:数秒〜数十秒の仮眠

ナノ・ナップとは、ほんの一瞬の仮眠のことです。

方法は数秒〜数十秒だけ目をつむるだけ。

 

オススメとしては仕事に入る前に、深呼吸と同時に目をつむります。

そして10~20秒ゆっくりと数えて深呼吸をすることで、頭だけでなく体もスッキリします。

 

ちょっとしたタイミングでナノ・ナップを取り入れることで、新鮮な気持ちで仕事に取り組めるようになるのでオススメの方法です。

 

マイクロ・ナップ:1〜数分の仮眠

ちょっとした待ち時間や、少し一息つきたいときに使える仮眠がマイクロ・ナップ。

仕事の合間の5分休憩に使えるうえに、仕事内容の記憶力が上がって無駄な確認が減ります。

 

マイクロ・ナップの使い方は以下のとおりです。

  • 思考力を必要とする仕事20分+5分のマイクロ・ナップ
  • 単純作業10分+3分のマイクロ・ナップ

 

マイクロ・マップにより小まめに頭を休めることで、仕事に集中しやすくなります。

なおかつ長い時間休まないことで、程よい集中力を保ったまま仕事に取り組めるので試してみてください。

 

ミニ・ナップ:10〜15分の仮眠

ちょっと調子が悪い時、思うように気分が乗ってこない時に使えるのがミニ・ナップです。

前日の疲れを超回復して仕事の足取りを軽くしてくれます。

 

ミニ・ナップは10分と長めの時間を取りますが、眠る必要はなく、ただ目をつむるだけで構いません。

ただ目をつむるだけで頭の疲労の回復や、集中力アップの手助けになります。

 

「今日はあんまり集中できてないな」と感じたときにミニ・ナップを試してみてください。

予想以上に頭がスカッとして仕事に集中できます。

 

パワー・ナップ:20分前後の仮眠

昼間によく使われる仮眠がパワー・ナップです。

仮眠の中では最も効果が高くて、記憶力アップや集中力の回復に使えます。

 

パワー・ナップで眠れない人に関しては無理に眠ろうとせず、窓際などで新鮮な空気を浴びながら目をつむってゆったりとしてください。

 

脳に関する研究によると、目をつむるだけでも睡眠に似た疲労回復効果があるので、昼間の眠気の解消だけでなく仕事の集中力を高めてくれます。

 

まとめ

では、要点をまとめておきます。

 

 【仮眠の効果は4つ】

  • 仮眠が、程よい集中力の高さを維持する
  • 仮眠が記憶力を上げて、仕事で得たことを頭に残しやすくする
  • 仮眠が頭の情報処理力を上げて、頭の働きを回復する
  • 仮眠が体の回復力を高める。仮眠を意図的戦略として仕事に活用しよう。

 

【仮眠の方法は4種類】

  • ナノ・ナップ:数秒〜数十秒の仮眠
  • マイクロ・ナップ:1〜数分の仮眠
  • ミニ・ナップ:10〜15分の仮眠
  • パワー・ナップ:20分前後の仮眠

 

仮眠だからと言って眠る必要はなく、ただ目をつむるだけで構いません。

一番重要なことは小まめに頭を休め、記憶力や集中力アップに役立てて仕事に活かすことです。

 

 

 

関連記事 集中力を高める睡眠の質を引きだす2つの方法とは【失敗してもOK】

関連記事 集中力を上げる睡眠の効果は3つ【成長ホルモンが要】

 

おすすめの記事