ブログを継続できない4つの理由と解決方法【楽することを覚えよう】
Antranias / Pixabay

「ブログが継続できなくて挫折しそう...。」

「ブログを継続するコツが知りたい...。」

このような疑問にお答えします。

 

結論から言うと、ブログを継続するコツは、人真似をして1記事の書く負担をへらすことです。

私自身も、人真似をして記事の書く負担をへらすことで、ブログを継続できています。(方法は記事で解説)

 

本記事の内容

    1. ブログが継続できない4つの理由と解決策

 

本記事の信頼性/執筆者の簡略プロフ

  • 過去10分程度の集中力→1日10時間超え
  • ブログ毎日更新、100日経験あり
  • 100日以上、ツイッター更新を毎日欠かさず続けている
  • 365日以上、読書を毎日欠かさず続けている
  • 1,000日以上、筋トレを毎日欠かさず続けている
  • 医療資格保持者(柔道整復師)

 

本記事の内容をしっかりと抑えておけば、記事を書く負担がへってブログを楽に続けられるようになります。

結果的に、「ブログが継続できなくて挫折しそう」「ブログを継続するコツが知りたい」という悩みは、限りなく減らせることができます。

では、ブログが継続できない4つの理由と解決策を紹介していきます。

 

※ブログを楽に書く方法に関して
ブログを楽に書く方法に関しては、『【ブログ初心者向け】モチベーションではなく楽に動ける仕組みを作ろう。』で解説しているので、あわせてご覧ください。

ブログが継続できない4つの理由と解決策

  1. 記事を書くのに時間がかかる
  2. ブログを見てくれる人がいない
  3. 人真似をしていない
  4. 字数にこだわっている

ブログを継続できない理由は上記3つです。

 

順番に解説します。

 

記事を書くのに時間がかかる

ブログを継続できない第一の理由は、1記事を書くのに時間がかかることです。

ブログ初心者であれば、1記事におそらく3~8時間はかかるかと思います。

仕事の忙しさによっては、1週間で1~2記事という方もいるでしょう。

 

私自身も、記事を初めて書くときは1記事に5時間以上かかっていて、嫌気がさしていました。

ですが、Twitterで見かけるような「毎日更新〇〇日目」などは無視しましょう。

 

大事なのは、自分のペースで着実に記事を積み上げていくことです。

そして自分のペースで記事を積み上げていくには、記事のテンプレートを使いましょう。

テンプレートを使えば、1記事を書く負担が一気に減ります。

  • トップコピー(冒頭文:問題提起、結果の明示、結果の根拠)
  • ボディコピー(大見出し、小見出し:解説内容、解決策)
  • ボトムコピー(まとめ、クロージング)

 

記事のテンプレートについては、『ブログが続かない理由は書くまえの準備にあり【ブログの継続法】』で具体的に解説しているので、参考にしてください。

 

ブログを見てくれる人がいない

ブログを書き始めると、初めに気になるのがアクセスだと思います。

おそらく9割型の人は、アクセス解析で毎日のように何人が記事を見に来たかを確認するはずです。

私自身も、記事を書いては次の日くらいにアクセスを何度も見ていたことがあります。

 

とはいえ、初めは記事を見てくれる人は0が当たり前です。

そのため、初めはTwitterなどを使って記事を書いたことを拡散しましょう。

 

行動していることをツイートすることで、誰かが見てくれて、誰かの役に立つことは大いにあります。

方法としては、

  • ブログを更新したツイートをする(記事タイトル、まとめを書く)
  • まとめを1ツイートで解説していく

 

あまり難しく考えることなく、3分ほどでサクッとツイートしましょう。

 

人真似をしていない

記事のテンプレートにもあてはまりますが、成長が著しい人(継続できる人)はかならず人真似をしています。

 

例えば、

  • 稼いでる人のブログを見て学ぶ
  • 書籍を購入して学ぶ
  • ブログに詳しい人をフォローして学ぶ

ブログを継続できる人は、上記の3つをしているはずです。

 

なぜなら、人真似が一番楽に成長できるからです。

なおかつ人真似をすることで、着実に成長できて継続できることが当たり前になっていくからです。

 

仕事においても、初めは教えられながら人真似をして仕事の内容を覚えていきます。

その理由は、余計なことを考えずに成長できるからです。

 

ですから、自分で頑張りすぎずに、人真似をして楽をすることを覚えましょう。

 

ちなみに、記事の書く負担を減らす方法については、『【ブログの書く時間を短くする方法】怠け者でもブログを続けられる』で解説しているので、あわせてご覧ください。

 

字数にこだわっている

ブログの字数は、読者の悩みを解決するなら2000字や3000字は超えることが普通だと思います。

ですが、字数にこだわりすぎると、書くことが苦痛になってブログを継続できなくなります。

 

私自身も、ブログを挫折しそうなときは「最低でも3000字は書かないと...」というふうに自分でハードルを上げていました。

とはいえ、ブログを継続するのがしんどい場合は、1000字や1500字でも良いので書くことに専念しましょう。

 

そもそも1回で完璧な記事を書くことはできません。

ですから、修正する前提で記事を書きましょう。

 

一旦、キーワード選定や読者設定をしてから少しでも書いておけば、記事を付けたす負担が減ります。

まずはハードルを下げて、どんどん書いていくことを目標にしましょう。

1記事あたりの書く負担を減らす方法は、『【ブログを毎日更新するコツ】1記事あたり短時間で済ますことが必要』で解説しているので、あわせてご覧ください。

まとめ

では、要点をまとめておきます。

 

  • テンプレートを使って書く負担をへらす
  • 記事を書いたことをTwitterで拡散する
  • 人真似をすることで楽に成長していける
  • 字数にこだわらず、修正する前提で記事を書く

 

一言でまとめると、気楽に書くことを体に覚えさせることが大切です。

どの行動に対してもブレーキをかけていては、ブログを継続することはできません。

楽に、シンプルな思考をもって書いていきましょう。

 

※ブログの生産性を上げる方法に関して
ブログの生産性を上げる方法に関しては、『【スタンディングデスク ランキング3選】ブログの生産性を1.5倍に上げる方法』で解説しているので、あわせてご覧ください。
おすすめの記事